ISSUE 01

vol.7 From Zen to Zen - 禅から然へ。INDEX

何に触れるか、どう暮らすか、健康でいるためにはなど、根本的な暮らし方が、自分の中で今までと変わりつつあります。もともと意識するようになったのは、ブランドを始める数年前の夏。骨董通りを歩いていたら、その奥に永平寺別院で月曜座禅会という当日参加型の座禅会を知り、参加しました。高校の時、禅宗系列の学校に通っていて、毎週授業の1コマに「仏教」の時間があったので、禅や座禅は比較的慣れ親しんだキーワード。高校での座禅は意外と好きな時間で、頭の中が落ち着いてスッキリする感覚がありました。大人になってからもやっぱり同じで、高校生の時より考えごとは増えている(はず)ですが、変わりなく、自分に平常心を与えてくれる。この月曜の座禅は、しばらく続きました。 座禅をする際に必ず言われるのが、“何も考えてはいけません”という注意。座禅は、体を「無」の状態で座り続ける只管打坐という修行の一つです。日頃の生活で、全く何も考えない状態はないので、いざ取り組んでみると、とても難しい。ついついあれこれ雑念が湧いてくると、勝手に体が動く。心と体は繋がっているとよく言われますが、どれだけ今の自分が、色んなことを抱えているか分かります。ただ、何回も繰り返し行っていると、考えないことにも慣れてきて、最終的に自分の存在を忘れてしまうような感覚に。そんなとき出てくる思いが、“結局、自分も、宇宙や自然の一部に過ぎないんだな”という気持ち。目の前のことに捉われて、つい自己中な考えになったりしますが、世の中という枠組みがあって、他の生き物や環境の中でバランスを取りながら、有限の中で有り難く生きていることを実感します。 普段自分が取り組んでいることも、生活していることも、動くこと、受けること全てに因果はある。自然の摂理がこれまで示しているように、パワーバランスの偏った仕組みは、どこかに負担がかかるもの。結果的に、仕組み自体が続かなくなってしまうんですよね。自然と人の関係性も、これまでの偏りを感じずにはいられません。だからと言って、全くお肉を食べないとか、レザーを着ないとか、自分は言いません。必要なものを、必要以上に搾取しないことが大切であり、なんでもやり過ぎないこと。きちんと、還元する方法を考えるべきだと思っています。バランスを崩せば、巡り巡って自分たちに返ってくる…気づいたら、禅の話から人と自然の話になっていました。梅雨の気だるさを、久々に座禅で整えてこようかと思います。 BODHI / Satoshi Mizutani The basic way of life, such as what to touch, how to live and how to stay healthy, is changing within me. I...

Read more

vol.6 Living with "OLD" - “オールド”な生活。INDEX

コロナの自粛期間があって、もっぱら多くなった家飲み。それまでは外飲みばかりで、家ではまず飲まなかったのですが、これはこれで、いいものですね。1日の終わりに飲む、オールドのソーダ割が気持ちいい。外の店が営業再開しても、家飲みは自分にとって“新しい生活様式”になりそうです。ただやっぱり、普段はみんなでワイワイ、店で飲みたい。あの場の雰囲気は、家には持ち帰れない。ところで、みんなで飲んでいると、ふと人が何を飲んでいるのか興味が湧きます。“見た目に反して、かわいいお酒飲むんだ”とか、“この人、ひたすら日本酒縛りだな”とか。どうでもいいことなんですが、何気ないお酒一つとってみても、意外とその人の価値観が見えてきたり。見た目ではわからない、それぞれの嗜好を考察するのが面白かったりするんです。 映画でいえば、「007」のジェームズ・ボンドの決まり文句は、“マティーニをウォッカで、ステアでなくシェイクで。” MI6の中でも自由に動き回る、ボンドの枠に囚われないイメージが具現化されたお酒で、落ち着いてゆっくり飲むものを、あえてキンキンに冷やし、サッと飲む。この人はカッコイイけど、やっぱり安定した生活には向かない、破天荒タイプなんだろうなと想像します。一方、三島由紀夫が愛したお酒も、ドライマティーニ。以前読んだ情報には、完全なトラディショナルスタイルが好きだった、と書いてありました。おそらくこの人は、王道とか、完璧というものに、ずっと執着していたんだろうなと。どこまでいっても常に劣等感の塊で、自分自身の不完全さが見えてしまうことが、何より不安だったんでしょうね。だから、身につける道具や、飲むものも、格式ある正統派に拘っていたんじゃないでしょうか。好きなお酒って、一番リラックスしている時に頼むもの。何も考えていなくても、身に備えている、その人本来の“らしさ”が現れるような気がします。   お酒は「嗜む」と表現されるように、飲む人が、好んで親しむスタイルそのもの。何がいいとか悪いではなく、一人ひとりのこだわりが、他の人には真似できないカッコ良さだったりします。そしてお酒の場は、それぞれの良さを出し合って、老若男女、身分関係なくシェアできる場所。話し合うこと自体が楽しいから、時には答えのない、どうでもいい話が一番意味があったり。そういえば、酒場の空気感って、気の重くなるような雰囲気を見たことがないような。連日の二日酔いで、行く前に気が重くても、行ってしまえば楽しかったり。結局、飲むことはもちろん、心と心をやり取りできる、集まれる場が自分は好きです。早くいつものように、変わらず飲みにいきたい今日この頃です。   BODHI / Satoshi Mizutani       There was a period of self-restraint in corona, and the number of house drinks increased. Until then, I...

Read more

vol.5 White and Green - 白と緑。INDEX

「ウィンブルドン」という響きを聞くと、そろそろ夏が来たなと思うのは自分だけでしょうか? 毎年開催時期は、決まって6月の最終週。初めてちゃんと試合を見たのは、中学3年のとき。ある1日の終わり、何気なくNHKを観ていたら、午前0時になった瞬間、テニスの試合の中継が始まり、真緑の芝生と会場が画面に現れました。ボールと観客の拍手しか聞こえない試合の緊張感に、衝撃を受けたことを覚えています。それ以来高校、大学、今も気がつけばずっとテニス三昧。「ウィンブルドン」は、自分にとって、テニスを始めるきっかけとなった大会です。 特に印象に残っている試合は、リアルタイムで観ていた、2001年のサンプラス対フェデラー。フェデラーはずっとサンプラスに憧れて、プレースタイルもラケットもスポンサーも同じだったのは有名な話。フェデラーとサンプラスの公式試合は、通算でこの1試合のみで、今だに「ウィンブルドン」の伝説と言われています。「ウィンブルドン」での試合は、なぜか、他のグランドスラムに比べて印象に残ります。4大大会で最も歴史があり、約130年間規則がほぼ変わっていない「ウィンブルドン」。スポーツ観戦の中で最も規範が厳しいといわれています。すべては、開催当初より考えられたプレーヤー、観客が最大限試合に集中するための礼儀。品格を守り続ける大会のスタンスが、やはり特別なのです。 あれこれ書きながら、結局自分は、「ウィンブルドン」そのものが好きなことに気がつきました。あの時観ていた試合が全英でなかったら、テニスを始めていなかったくらい。時代の試練を超えて受け継がれていく価値や思想は、ひとりだけでなし得ない、長い時間に醸成されて形作られていくものです。日頃から、「普遍的な価値があるかどうか?」を考えてものを選ぶようにしていますが、それは自分にとって大切な基準。〈BODHI〉のカシミヤも変わらない価値のものをずっと着続けられたら、もう他に何もいらない、と思って作り始めたものです。今年のウィンブルドンは、第二次世界大戦以降初めての中止。大ごとでしたが、「ウィンブルドン」の中止判断は、スポーツ全体でも3番目の速さだったそうです。スタイルを変えないヒューマンファーストな潔さ、さすがです。 BODHI / Satoshi Mizutani     When you hear the sound of "Wimbledon," is it the only time you think summer is about to come? Every year,...

Read more

Cart

No more products available for purchase

Your cart is currently empty.